40歳以上の求人を読む前に!転職成功徹底リサーチ

*

40歳以上の転職者をサポートする5つのSTEP

 40歳になってから転職するのは、むしろ良いことなのかもしれません。30代の頃と比べれば武器が増えているはず。あとは、転職準備から退職まで、全ての流れの中でその武器を磨き上げ、企業にアピールできれば未来は明るく輝くはず。その最も重要な武器の磨き方を考えてみましょう。

転職準備について

 若い頃と比べて増えているはずの武器、これを見つけてみてください。性格的なこと、実績、経験、専門的な知識、業界での繋がりなど、いろいろと出てくるはずです。それらを携えた上で闘える場所はどこなのかもクリアにしておくこと。そうすれば目指す場所が見え、ベストな転職準備が出来上がるはずです。

【参考記事】
計画をどうたてるべきか
市場価値を知り受け入れる
ベストなタイミングを探す
数ヶ月の活動期間で転職できる人はどのくらい?40歳以上の転職希望者編

求人情報について

 武器を元に、それを認めてくれる企業を見つけていきます。企業にアピールする前にエージェントのコンサルタントに武器を見せてみましょう。自分の武器の価値を正しく把握している人は検索タイプの転職サイトで求人を見つけても問題はありません。自分や武器に合った媒体を活用することも大切になってくるのです。

【参考記事】
求人情報媒体を知る
転職エージェントを活用する
転職サイトのスカウト機能も使う

履歴書や職務経歴書について

 年齢を気にした書き方はしなくても大丈夫。淡々と、しかし若い人よりも多くの武器が備わっていることが記せていれば、人事担当者は気が付いてくれます。もちろん、見せ方は気にしなければなりません。読みにくい、まとまっていないなどの問題があれば、伝わるものも伝わらないでしょう。

【参考記事】
履歴書を書くときには
職務経歴書を書くときには
応募書類を送るときには

面接について

 40歳以上の風格、社会人としての貫禄、面接ではこれを醸し出しましょう。しかし、上から目線にならないことには要注意。武器は見せびらかすのではなく、差し出す気持ちで提示すること。問答のキャッチボールも確実に行うことで、人間力のある人材として捉えてもらえるはずです。

【参考記事】
志望動機を話すときには
面接対策でしておくべきこと
ミドル世代のNG行動
40歳以上の転職希望者に必須のアイテムとなってきているお礼状

退職・入社準備について

 40歳以上は経験もあるだけに会社との繋がりが強く、退職でも手こずりがち。計画がズレてしまうこともあるかもしれません。会社、そしてエージェント利用者はそのコンサルタントの知恵も借りながら、円満退職を目指してみましょう。困難があったとしても冷静な対処ができるかどうかで、退職の質も変わってくるものです。

【参考記事】
円満退職を目指すなら
退社の理由の説明方法
入社にあたってのチェックポイント
会社から引き止められた時の対応で、スムーズに退職・転職できるかが決まります

公開日:
最終更新日:2016/01/25