40歳以上の求人を読む前に!転職成功徹底リサーチ

*

40歳以上が狙うべき業界とは?

   

①40歳以上でも採用されやすい業界・業種とは?
 世間的には40歳以上での転職は厳しいと言われていますが、それは働く業界や業種、これまでの知識や経験によって異なります。そのため、一概に転職が難しいとは限らないのです。

 これまで経験してきた業界や業種に転職するのであれば、これまでの経験を活かして転職できる可能性も高くなるのです。もちろん異業種の場合はスキルがないために、成功の可能性は下がります。

 ただ、一般的には40歳以上の求人となると、男性では営業職の求人が多くあります。営業職は特別な資格が必要といったことはなく、比較的未経験者の方でも採用されやすい傾向にあるのです。

 女性の場合には、接客の仕事が採用されやすいです。これも営業と同様に資格は必要なく、かつコミュニケーション能力があれば誰にでもできる仕事です。さらに40歳以上となると、タクシーの運転手やシステムエンジニアなどの求人が多く、採用されやすいようです。

②40歳以上が採用されにくい業界・業種とは?
 40歳以上で採用されにくい業種の特徴として、まず資格が必要な求人です。もちろん資格を持っていれば話は別ですが、これから勉強して資格を取るというのは40歳からだと厳しいと判断されてしまい、採用されにくいのです。
 
 また、女性に人気の職業として事務系の仕事がありますが、未経験で40歳からの就職となると、実際には難しいでしょう。経験があって高いスキルを持っていれば採用される可能性もありますが、未経験者の場合には採用される可能性は低いです。

 40歳以上の新人社員を一から教えるといったことは、どこの企業もまずしません。そのため、入社してから社内教育などを通してスキルを身につけていくような業種は、採用確率が下がります。

 例えばインターネットを使ったアプリケーションの開発や、電気技師、整備士などの専門職は、40歳で転職するのはほぼ難しいです。こういった技術を要する仕事では、当然ながら長い年月をかけてスキルを身につけていきます。

 誰にでもできるような仕事ではなく、高い技術や知識、もしくは資格などを必要とするような業界、業種には、40歳以上だと採用されにくい状況となっていると覚悟しておきましょう。

 - 業界・職種の違いを知る

  関連記事

no image
業界から求められる人材をアピール!

①業界ごとの求人動向と求められる人材とは? 40歳以上の男女がなるべく早い時期に …