40歳以上の求人を読む前に!転職成功徹底リサーチ

*

求人票に隠されたサインを見落とすな!

   

①求人票を読み込む力をつけよう
 求職活動において、やみくもに企業に応募しても就職できるとは限りません。また、それでは就職できるまでに時間が大幅にかかってしまいます。そのため、企業がどういった人材を求めているのか、どういったスキルが必要なのかを見極めてから応募しなくてはならないのです。そこで大事なのが、求人票を読む力を付けることです。求人票は就職活動において欠かすことのできない情報となっています。その求人票に記載されている内容から、どういった人材を求めているのかを読み取り、自分にあった企業を見つけることが、転職するためのポイントとなっています。例えば経験不問の職業に応募する際には、これまでの経験をアピールする人がいますが、企業はこれまでの経験を必要としてないため、意味がないのです。逆に経験豊富な人の場合には、別に他の会社でも良いのではと思われてしまうかもしれません。

②求人票に隠れているサインとは?
 求人票には企業の業務内容の他に、応募資格や条件などが記載されています。ただ、求人票に記載できる内容は限られているために、例えば若い人が多く活躍していますといった記載があったとします。こういった企業では、ほぼ中高年の採用はないと思ってよいでしょう。年齢制限はたとえしていなかったとしても、企業としては若い人をターゲットにするためにこういった記載をするのです。これを読み取ることができないと、応募しても不採用となり時間と労力が無駄になってしまうのです。また、分かりやすい例としては、明るく元気な人歓迎といった場合には、当然ながら元気でなくては落ちてしまいます。自分の性格を考えた時に、そうでないと思った場合には、応募はしないほうがよいでしょう。求人票を読み取る力がないと、何度応募しても面接まで行くこともできなかったりします。そのため、ただ求人票に記載されている言葉だけを見るのではなく、企業がどういった人材を求めているかを考える力を身につけましょう。もし何社も応募しても書類で落とされてしまう人の場合は、こういった原因も考えられますので、応募する際には、何度も求人票を確認し、自分に該当しているかをチェックしてみましょう。

 - 求人情報の探し方

  関連記事

転職サイトのスカウト機能も使う

転職サイトのスカウト機能とは何か  転職サイトは、自分の希望条件を登録しておくこ …

gf1950058626l[1]
40歳以上の転職は応募件数も半端じゃない?!

①転職・再就職するまでにどれほどの応募が必要か  40歳以上で転職、もしくは再就 …

no image
求人探しにはどんな媒体が活用できる?

①求人媒体の種類と特徴とは? ・ハローワーク・・・窓口で実際に相談できますし、そ …

求人情報媒体を知る

求人情報媒体の違い  40歳以上が仕事探しをするために活用できる求人情報媒体には …

転職エージェントを活用する

転職エージェントの特長  転職エージェントは、正式名称を人材紹介会社というだけあ …