40歳以上の求人を読む前に!転職成功徹底リサーチ

*

入社にあたってのチェックポイント

      2015/10/08

勤務条件だけで判断するのは危険

 40歳以上の求職者が転職活動の末、内定の連絡をもらったときは、すぐに入社を承諾したくなるでしょう。ですが、職種や勤務条件がどれほど魅力的であっても、職場の働き心地が良くなければ、長く勤務し続けるのは難しいのが現実です。

 ミドル世代は相当なキャリアと実績がない限り、年齢と転職成功の可能性は、反比例していく傾向が強いです。だからこそ、入社後にミスマッチに気づいて後悔することがないように、入社前にしっかりチェックしておく必要があるのです。

面接や入社承諾前にしっかりチェックしておく

 入社にあたってのチェックポイントは、一人ひとりで違うはずです。自分が働くうえで大事にしている価値観は何かを紙に書き出し、それが叶う職場なのかどうかを、面接や労働契約内容確認の際にしっかり見極めましょう。

 面接では、面接官に仕事をするうえで大事にしている価値観について質問したり、労働契約内容の確認で内定先企業を訪れた際には職場見学をさせてもらうなど、方法はあるはずです。同業界・同職種での転職の場合あ、自分のこれまでの人脈を使って、企業情報を集めることもできるはずです。

 きちんと下調べをして、納得したうえで入社を承諾してください。

【関連記事】
円満退職を目指すなら
退社の理由の説明方法
会社から引き止められた時の対応で、スムーズに退職・転職できるかが決まります

 - 退職・入社に備える

  関連記事

会社から引き止められた時の対応で、スムーズに退職・転職できるかが決まります

笑顔はできるだけ見せないように  ついつい顔が笑ってしまう人、緩んでしまう人って …

退社の理由の説明方法

退社の理由をどう説明するのか  会社に退社を申し出るときには、その理由を説明する …

円満退職を目指すなら

円満退職には段取りが必要  40歳以上の転職は、人脈を残すという意味でも、勤務先 …