40歳以上の求人を読む前に!転職成功徹底リサーチ

*

40歳以上の求人探し

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 職務経歴書の書き方や面接のポイントなど転職活動を見直す情報満載
  • 忙しい方でも、スカウト機能に登録しておけば企業からスカウトメールが届く
  • 毎週水曜日は新着求人更新!


  • 1.40歳以上の求人を探す前には

     40歳以上の求人を探したことがある人なら、その数の少なさに驚くこともあるでしょう。まずは、この年代の求人数が少ない理由を理解した上で探す必要があります。求人数の少なさや、採用されにくい理由を理解して活動をすれば、転職活動を効率的に行おうと戦略を練ることができるからです。まずは、企業採用者が40歳以上に対してどのようなことを懸念するのか想像してみます。そして、どのようにそれを払拭できるのかを考えることから始めるとよいでしょう。

    2.企業が40歳に対して懸念することとその対処

     40歳の年収は前職や現職の年収が高額の場合も多く、採用する企業としては、いくら実績があるように書類や面接でアピールされても、実力がはっきりしない状況においてはどうしても採用に慎重になります。そのため、40才以上の求人探しでは、前職の年収からダウンすることも考慮する必要が出てきます。

     また、転職者として入社すれば40歳でも新入社員ですから、上司となる人が自分よりも年齢が若いこともあります。このような状況下では、転職者は問題な いと考えても、受け入れる側が扱いにくいという印象があれば採用には至りません。そのため、いくら優秀でも扱いづらい人物、組織に溶け込めない人物と評価されることもあるという事実を認識する必要があります。

    そこで自分をうまくアピールするには
    ・管理職としてマネージメント力や調整力をアピールする
    ・過去の実績だけではなく入社後に何ができるか具体的に話す
    ・ 採用担当者に理解される裏付けを基に話を進める

    3.まとめ

     40歳の仕事探しでは、いくら優秀で何か転職先に懸念点を与えてしまうと採用されることはありません。また、年齢が高いだけに、未経験者でなくても、新たな技術や知識を習得しなければならない場合には、時間や労力がかかると受け取られてしまうこともあります。そこで、転職するためには、もちろん過去の経験や実績だけではなく、入社後にどのように貢献できるのかを具体的に示す必要が出てきます。

     また、新しい環境に馴染めるように意欲的にチャレンジしていく柔軟性を姿勢もアピールしなければなりません。このように、企業の懸念点をしっかりと考慮して、企業担当者が納得するような裏づけをもって話を進めていくことが良いでしょう。

    公開日:
    最終更新日:2015/02/05